PAGE TOP

曇っている大安の晩にシャワーを

月が見下した山とサイクロン

たとえば、地球を初めて見る宇宙人に「農家」のことを説明するなら、どんなふうに言う?「ラーメン」の雰囲気とか、いやいや、前提としてこの世界のことから説明するかもしれないね。

気分良く走る父さんと壊れた自動販売機
会社で必要性のある太い竹をきちんともらえるようになり、ありがたいのだが、しかし、竹が邪魔でつぎつぎと持っていってほしがっている山の持ち主は、こちらの必要量よりモウソウダケを持って帰らせようとするのでやっかいだ。
多めに持って帰っても余ることになるのだが、場所をとる竹がムダでしょうがないらしく、運んで行ってくれとしきりに求められる。
こちらも必要なものをタダでもらっているので、強く言われたらしょうがないので、あまりは処分するしかない。

じめじめした火曜の夜明けは熱燗を
ここ最近、テレビで、マックチキンの食感を再現するレシピというふうに流していた。
とても味わえそうだと思って、妻に作ってもらいましたが、マクドナルドのチキンナゲットの食感では決してないけれどうまかったですね。
皮が心なしか違ったけれど、中身は、同じチキンなんだから、自分くらいの味覚ぐらいではわずかの異なるところはわからなくてとてもおいしかったです。
悲しそうに泳ぐ姉妹と壊れた自動販売機
私の子供がマルモダンスをおどっている。
私たちは教えていないけど、2歳だけど一生懸命まねしている。
どこかでマルモのおきてのメロディが聞こえると、録画映像を見たがって泣いている。
保存したものを見せると止まることなくずっと見続けている。
父親なので、テレビの映像を見続けるよりも絵本を見たり、おもちゃで遊んだりしているのがいいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも自分の為でもある。

雨が上がった大安の早朝はひっそりと
ネットでニュースをよく見るけれど、紙の媒体を見るのも前は好きだった。
今は、ただで見れるネットニュースが色々あるので、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなってしまった。
ただ、読み慣れていたから、新聞のほうが短時間でたくさんの量の情報を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで見やすい点はある。
一般的なニュースから関わりのある深いところを見つけていきやすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞は小さくても記載しているので目に入るけれど、インターネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカの債務不履行になるという話題が目につく。
なるわけないと普通思うけれど、仮にデフォルトになったら、日本ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。
前のめりで走る子供とわたし
すぐ目の前が海というところに私たち家族は、家があり暮らしているので、地震後の津波を親が懸念している。
ことのほか東北大震災後は、海と家がどのくらい離れているのかとか逃げるルートは手近に存在するのかとかもの言う。
俺と家内だって気がかりだけど、しかし、単純に金額的にいける賃貸も見つかるわけではない。
それでも、現実に大津波がやってくるとなった際に避難する道を定めていないとと思う、だけど、海沿いしか近くに道がないので、あらためて想像したら怖いとわかった。

騒がしく大声を出す友達と読みかけの本
知らない者はいないお寺さまであろう、斑鳩寺、つまり法隆寺へ訪問した。
法隆寺式伽藍配置もばっちり見せてもらって、立派な五重塔、講堂も見ることができた。
資料館では、国宝に指定されている玉虫厨子があり、思っていたよりも巨大なものだった。
このお寺様に関して学ぶには、おそらく、かなりの時間を必要とするのではないかと感じる。
ノリノリで叫ぶ彼と履きつぶした靴
作家、太宰治の斜陽の、大ファンの私は、静岡にある安田屋旅館に宿泊に行った。
共に文学大好きの彼氏。
こちら安田屋旅館は、彼がこの小説の章の一部を考えるために宿泊した港町にある旅館。
建物の中を進むと、ギシッと、聞こえる。
女将さんに見せてもらったのは、宿泊した上の階の古びた部屋。
富士山が半分、頭を出していた。
すぐそこの海の中には生け簀が張ってあった。
三津浜は見どころがある。

天気の良い金曜の夜明けにゆっくりと
店内の客は、ほぼ日本からの観光客という状態だったので、その雰囲気にも驚いた。
その上お客さんは、ほとんどが日本からの観光客という様子だったのでその不思議な光景にもびっくりした。
日本で評判なのが、韓国コスメは肌が若返る成分が豊富に使用されているらしい。
もちろん、それにも感動はあったけれどショップの店員さんの言語能力にも素晴らしいと思った。
日常生活程度なのかもしれないが、日本語が支障なく話せている。
私は、ちょっとだけ英語を使おうと行った韓国だったが、使わなくても大丈夫なようだ。
必要に駆られれば、しっかり学べば外国語を話せるようになるという事を目にすることができた旅行だった。
悲しそうに吠えるあの子と穴のあいた靴下
田舎に住んでいると、インターネットでものがお手軽に買えるようになったのが、めっちゃ助かる。
その理由は、駐車場がある本屋が市内に2軒しかなく、本の品ぞろえもひどいから、買いたいマンガも手に入らないからだ。
取り寄せるよりネットショップで購入するほうがお手軽だ。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分以上かかるからものすごくめんどくさい。
ネットショップに慣れたら、なんでもオンラインショップで買うようになった。
なんでもネットで購入するようになった。
電化製品は、ネットのほうが確実に安価だし、型番商品は必ずオンラインショップ購入だ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

目を閉じて叫ぶ兄弟と私
飲み会などのアルコールのおつまみには、絶対健康に良い食材を!と思っている。
しばらくのお気に入りだったのは、焼き葱。
その前は鮪。
で、最近は、ウナギだけれど、少々高めなのでそれも辞めた。
そして、新たなおつまみを考え出した。
パック入りの100円しないくらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、バターで炒めて、味の素と塩コショウを適量使用し味付た物。
とても価格は低め、カロリーも低い気がしませんか。

Copyright (c) 2015 月が見下した山とサイクロン All rights reserved.