PAGE TOP

雨が上がった金曜の明け方に食事を

月が見下した山とサイクロン

「絵描き」のこと好きかな?嫌いかな?いろいろ思いがあるかもしれないけど、必ずしも悪いもんじゃないよね、「青年」って。そう思わない?

笑顔で走る兄さんと俺
太宰治の、斜陽は、何度も読み進められると思う。
かつては旧華族の娘だったかず子が、強くて引かない女性に変身する。
読むにつれて素敵だと感じた自分。
これくらい、誰にも負けない行動力と、固い意志が戦後は必須であったんだと思う。
彼女の都合は置いておいて、不倫相手の作家の家内からしたらうざいだろうと思う。

控え目に自転車をこぐ兄弟と読みかけの本
久しぶりに、麻衣子と明日香と海外旅行に行きました。
麻衣子と明日香は、私が通っていた学生時代の仲間で、同じ時間を共有した仲です。
しかも、力を入れていたのがトラベル全般と英語だったので、観光が、好きな学生たちであふれていました。
特に、この2人を含む、気の合う6人で世界各国へ旅行に行った思い出は懐かしい。
私は今までそんなに仲のいい友達が多い方でもないし、しかも十分だと考えています。
だから、めちゃくちゃうれしかったけれど、すぐ隣で麻衣子が満足そうな顔をしてくれたのも喜ばしい事でした。
汗をたらして大声を出すあいつと突風
梅雨がこないだ明け、今日蝉の鳴き声を聞いて、少年は「夏だ。」と思った。
夏休みを目前に控えた休日の午前中、少年は縁側で入道雲を見ながらアイスを食べていた。
頭上では風鈴がときおり鳴っていた。
朝から暑い日で、太陽が座った少年の足を焦がしていた。
少年は半ズボン姿だった。
汗がほっぺたを伝って流れ、アイスも溶けてきた。
少年は、近くの屋外プールのプール開きを楽しみにしていた。

息絶え絶えで大声を出すあの子とファミレス
とある夏、私は親友と、都内から高速道路を利用し、由比ヶ浜に行った。
なぜかと言うかは、大好きな一眼レフのカメラで写真を撮影するためだったが、上手に映らない。
海は久々だったこともあり、しだいに靴を脱いで海の中に入りはじめた。
しだいに飽きて、砂浜で小さな城を作ることをしはじめた。
それまでは、絶対に近くにあったCANONの一眼レフ。
じゅうぶん遊んで、帰宅途中、ガソリンスタンドでデジタル一眼が見当たらない事に気が付いた。
あきらめて部屋まで帰ったけれど、思い出すと、とても切なくなったのを覚えている。
数多くの記録が記憶されていた宝物のデジタル一眼、今はどの場所にいるんだろう?
悲しそうに歌う母さんと電子レンジ
私は前から、肌が全然強くなく、ちょっとしたことでかぶれる。
それもあるし、ボディーシャンプーの体にこびりつく感じがあまり好きじゃない。
それだと、冬は思いっきりしっかり乾燥するので、添加物の少ないスキンローションを使う事にしている。
愛用中の品の残念なところは、値段がものすごく高すぎるところ。

勢いで歌う先生と冷たい雨
ある夏の昼前。
少年は空き地で、蟻の行列が虫の死骸を運ぶところをまじまじと見ていた。
蟻たちはがんばって動き回っているのだが、虫の死体一つでこんなにいっぱいのアリがいても、意味が無いんじゃないのかと、少年はいぶかしんだ。
少年は、アリ達を泥で埋めたらどうなるかな、という欲求にかられた。
でも、今日はただただ見守ることにした。
真夏だから、少年の汗はダラダラと流れ、雫となって蟻たちの近くに落ちた。
そよ風の吹く祝日の夜明けはお酒を
このところ、長編小説を精読することは少なくなったが、昔に北方謙三さんの水滸伝に魅了されていた。
違う作者の水滸伝を見た時は、かったるくて、魅了されなかったが、水滸伝の北方バージョンを読み進めたときは、心酔し、読み進めるのが止まらなかった。
労働の休憩中や家に帰ってからの夕食中、湯船の中でも読みとおして、1日一冊ずつ読みふけっていた。
登場キャラクターが人間味あふれていて、男気熱いキャラクターがたいそういっぱいで、そんなところに惹かれた。

前のめりで踊るあの子と冷めた夕飯
知佳子はAさんの事が大好きなようだ。
Aさんも知佳子を大事にしている。
彼が出張が決まると、知佳子も絶対行くし、今回は私も一晩だけ同伴させてもらった。
知佳子もAさんも私を同じニックネームで呼びかけるし、何か意見を求める時は、とりあえず、私に問いかけてくれる。
なんとなしに目をかけてくれている感じがしてかなり居心地が良いと思った。
陽の見えない火曜の早朝に歩いてみる
鹿児島の老齢の主婦の方は、日々、献花を墓にしているから、なので、切り花がたっぷり必要で、菊農家もわんさかいる。
夜更けに、バイクで駆けていると、菊の為のの灯火がちょいちょい夜更けに、バイクで駆けていると、菊の為のの灯火がちょいちょい目に入る。
民家の光はとても少ない地方ですが、菊の為のライトはちょくちょく視野にはいってくる。
菊の為の電灯は何かにつけ視認できても人の往来はとてもわずかで街灯のライトもたいそうちょっとで、警戒が必要なので、学生など、駅まで送り迎えしてもらっている学生ばかりだ。

悲しそうに話す弟と俺
何故か今頃任天堂DSに依存している。
最初は、英検対策に英語漬けや英語のゲームソフトを使っていただけのことだった。
だけど、ヨドバシでソフトを選んでいたら英語関係以外も目移りしてしまい、いつも買ってしまう。
絵心講座や、マリオパーティー、どうぶつの森などなど。
変わったソフトで、トラベルシリーズもヒットしている。
これだけあれば、移動中などのちょっとの時間にも活躍しそうだ。

Copyright (c) 2015 月が見下した山とサイクロン All rights reserved.